南三陸さんさん商店街

南三陸町の大型観光施設「南三陸さんさん商店街」 2017年3月3日リニューアルオープン

“亜べとう整骨院”広島県マッサージボランティア参加に寄せて

“亜べとう整骨院”広島県マッサージボランティア参加に寄せて

こんにちは!

先週末から、肌寒くあいにくのお天気の南三陸町ですが、
全国的にはまだまだ危険な暑さの日が続いておりますね。
皆様、体調にはお気を付けてお過ごしください。

さて、広い範囲に甚大な被害をもたらした「西日本豪雨」から約1カ月が経過いたしました。

商店街といたしましては、全店舗とインフォメーションセンターに募金箱を設置し、7月いっぱい支援金を募りました。
たくさんのお客様のご協力に、心より感謝いたします。

また、先週末には商店街の『亜べとう整骨院』の阿部琢磨さんが、広島県でのマッサージボランティアへ参加してまいりました。
以下、現地を目の当たりにしてきた琢磨さんの手記を紹介いたします。

 

『8/4.5.6、東日本大震災で南三陸町や他の町でも活動した、
関東近辺の若い鍼灸マッサージ師の先生達が中心となって立ち上げた、
「災害鍼灸マッサージプロジェクト」の皆さんにお声がけしていただき、
広島の三原市、沼田町などでマッサージボランティアに参加してきました。

昼間は三原市のボランティアセンターでボランティアさんのケア、
夕方から夜まで沼田西小学校に避難している被災者の皆さんのケアを
土日としてきました。

報道等で見ていましたが、自然災害の恐ろしさを改めて感じ、
生活再建のメドが立たない被災者の方々の辛さ…
経験しているだけに身につまされました。

三原市で出会ったボランティアの方でアメリカのオレゴンから駆けつけたおじいちゃんは私の父と同い年!
報道をみて何か出来ることがあればと友人達と駆けつけたと言っていました。

災害は恐ろしく、あってはならない事ですが、ボランティアに参加する
度に、
人と人との暖かさ、人の無償の優しさを痛感します。
まだまだ復興は先ですが、一人一人出来る事をすることが大事だと思います。』

 

非常事態に陥ると、何気ない日常というものが、目には見えなくとも、
誰かの優しさやたゆまぬ努力の上に成り立っていることに気が付かされます。

震災から7年が経過した現在も、南三陸町では復旧、復興へ向けた作業が続いております。
手記の最後にもありますように、この度の豪雨災害で被害に遭われた地域が
復興されるには、長い時間が掛かることと思われます。

実際に足を運ぶこと以外にも、募金や被災地のものを購入するなど、
継続的な応援をしてまいりたいものですね。

西日本豪雨の被害に遭われた皆様に、1日でもはやく、安心して過ごせる日常が戻ってまいりますことを、心よりお祈りいたします。

 

災害鍼灸マッサージプロジェクトの皆さんと阿部琢磨さん(右から2番目)

・災害鍼灸マッサージプロジェクトホームページ
https://sinkyu-sos.jimdo.com/
・Facebookページ
https://ja-jp.facebook.com/shinkyu.sos/

全10通のメルマガで、さんさん商店街と南三陸町の魅力が丸わかり▼

さんさんメルマガ

南三陸の食品・お菓子・グッズを通販でお買い求めいただけます▼


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top