南三陸町の復興商店街「さんさん商店街」

商店街へのお問い合わせ

さんさん商店街インフォメーション
月~日 9:00~18:00(年末年始除く)

0226-25-8903

店舗によって、通販対応も可能です。詳しくは通販ページをご覧ください。

展示中のモアイ像

さんさん商店街東側ゲート付近には、2013年5月25日、遥遠くチリ共和国のイースター島より贈呈された本物モアイ像が設置されています。このモアイ像は、イースター島の石を削り出し、地元の職人が丁寧に作り上げたもので、贈呈の際には精霊を込めるという想いより、目が付けられました。イースター島より本物のモアイ像が贈られるのは世界で初めての出来事であり、さらに目がついているものは世界で2体しかありません。
もともとモアイには「未来に生きる」という意味がありますが、贈呈以来、さんさん商店街を、その力強い眼差しで見守っています。 現在、年中多くの観光客がモアイ像を訪れ、記念撮影を撮るなど南三陸町の主な観光・ご利益スポットとしても活躍中です。

 

モアイ像
モアイ像

 

モアイと南三陸の関わり

約 17,000 キロメートルの距離を越えて、南三陸町とチリは、友好関係を深めてきた。
そのきっかけは1960 年5月 24 日未明に、遠い遠い海の向こうから押し寄せて来たチリ地震津波だった。
旧志津川町内だけで、41 名が犠牲となり、312 戸の家屋が流失、倒壊 653 戸、半壊 364 戸、浸水 566 戸の壊滅的な被害を受けた。
この津波の記憶を未来に伝えようと、30 年後の 1990 年に国鳥コンドルの碑がチリから贈られ、1991 年には南三陸町がふるさと創生事業の一環としてチリ人彫刻家に依頼して創ったイースター島のモアイが、志津川地区の松原公園に設置された。

東日本大震災で公園は被災したが、流出したモアイ像の頭部は発見され、志津川高校の敷地内に移設された。日智経済委員会チリ国内委員会が、
新たなモアイ像を贈ろうと、イースター島の長老会に協力を求めた。93 歳の老彫刻家マヌエル・トゥキ氏は、皆に呼びかけた。
「海に破壊された日本の町に、人々が再びそこで生きていきたいと思えるようなマナ ( 霊力 ) を与えるモアイを、贈れないのか?
私は息子とともに、日本の人たちが必要としているモアイを彫る!」長老会は大きな拍手で包まれたという。

イースター島の石を使い彫られたモアイ像が、島外に出たことはない。しかし、かつて倒れてバラバラになっていたモアイ像を、日本人がもとの姿に建て直す支援をしたことがあったことから、イースター島初のプロジェクトが始まった。

こうして息子のベネディクト・トゥキ氏は、石材を切り出して、親戚の彫刻家たちとともにモアイを制作した。
南三陸町を訪れたトゥキ氏は、設置されたモアイに白珊瑚と黒曜石で作られた眼を入れた。眼が入ったモアイは、世界に2体しかないという。
ベネディクト・トゥキ氏モアイ像に目を入れる瞬間

南三陸町を訪れ、津波の惨禍を目の当たりにしたトゥキ氏の目に涙があふれた。
「眼を入れるとマナ ( 霊力がモアイに宿る。南三陸の悲しみを取り払い復興を見守る存在になることを願っている。」と彼は語った。

チリも南三陸町も、豊かな海から糧を得、その恩恵に感謝している。そして、長い歴史の中で、いとも簡単に人間の命や暮らしを奪う海の恐ろしさを熟知している。
地震を感じなくても、津波は地球の反対側から襲ってくることがある。双方の地は長い時間の中で大自然の災禍を体験し、人間がどう自然と共生すべきかを学んできた。
そして、どんな困難にぶつかったとしても、勇気を持って立ち向かう心意気を勝ちとってきた。

「モアイ」は、イースター島のラパヌイ語で「未来に生きる」という意味だ。
門外不出の大切なものを贈ってくれたチリ共和国とイースター島の人たち、そして高さ3メートル重さ2トンの巨大な像を、はるかな島から運び設置するために力を尽くしてくれた企業や多くの人たちの気持ちが、南三陸のモアイには込められている。
未来に生きる南三陸町の人々を、遠い未来まで勇気づけ、見守り続けることだろう。モアイ像 贈呈記念式典

 

南三陸町のモアイグッズ

≫南三陸モアイグッズ通販カタログはこちら

Top